Squareって何がすごいの?

Squareについては、別の記事「超簡単!squareでクレジットカード決済を代金回収方法に!」でも一部記載したが、たくさんの優れた点がある。
優れている点
早ければ即日で利用可能
言うまでもなく、自社でクレジットカード決済の機能を持ちたい、と考えた際の導入までが非常に簡単でスピーディーという点がまず挙げられる。

Squareリーダーがあれば即日で利用可能というのは驚きである。

手数料体系が分かり易く低い
費用はクレジットカードの決済額に対して3.25%(カード情報を手入力した場合は3.75%)が発生するのみで、初期導入手数料、月間固定手数料、銀行振込手数料などはかからないシンプルな価格設定となっている。

また、手数料率3.25%というのは、業種次第ではあるが、クレジットカードの加盟店の手数料率と違わないか、低いといった水準と考えられる。

資金繰りにも超優良
さすがに現金回収にはかなわないが、それと大きく違わない早さで資金化される点は非常に優れていると考えられる。

特に、個人、法人を問わず、事業者にとって資金繰りの心配は頭の中に常にあると考えられるが、Squareは入金サイクルが早く、会社の資金繰りにとっても良いサービスとなっている。

みずほ銀行または三井住友銀行の口座をSquareからの入金口座として設定している場合には、なんと翌営業日、その以外の金融機関の口座を設定している場合でも、毎金曜日に振込まれる仕組みとなっている。

なお、資金繰りに困ったからと言って、自分が持っているカード枠を資金化する行為は禁止されているのでくれぐれもご注意を(例えば、自分のクレジットカードを用いてSquareで100万円を決済し、手数料を控除した約97万円を資金化する行為)。

Squareリーダーが小さく、持ち運びが非常に簡単
良い意味での驚きを含めてであるが、「こんな」小さな端末でクレジットカードが使えるというのは、実際に自分で使って決済をしてみたものの、なぜかまだ信じられない感覚を与えてくれる。
Squareリーダーが定価4,980円と安い
初期投資は定価4,980円(+自分のスマホ)から始められるため、ものは試しという感じで気軽に始めることができる。

クラウドサービスに限らず、世の中の商品やサービスは使ってみないと分からないことも多いので、「良さそうなので、まずは試してみる」ということができる価格である。

また、SquareリーダーはAmazon、ビッグカメラやソフマップなどで販売されているため、欲しい時にすぐ入手できる点も嬉しい。

POSレジ機能もある
Squareは単にクレジットカードを使う機能だけでなく、POSレジ機能も備えている。

これまでは「現金を管理するだけのレジ」を使っていた経営者にとっては、商品別の売上高を管理して、PDCAを回すために必要な情報収集が可能となる。

クラウド会計と連携できる
クラウド会計と連携しており、売上データをクラウド会計に流すことで自動的に仕訳を切ることができる。

レジで会計するだけで帳簿ができていく感覚なので、言うまでもなく非常に便利です。

もちろん万能の商品なんてないので、Squareでも留意すべき点はある。

使う場面や状況を考えて、気になる点を補えるほどのメリットがあれば使えばよいし、メリットがさほど大きくなければ他のサービスを利用すべきである。

Squareの留意すべき点は別の記事にて記載するので、そちらをご覧頂きたい。