MFクラウド会計の正しい使い方を考える

MFクラウド会計は非常に簡単に使えるのですが、毎日、MFクラウド会計を触っているプロが、便利に使うためのチェックポイントをまとめました。

MFクラウド会計を使っているけど、どうも思っていたほど便利にならない、また、もうちょっとMFクラウド会計を使いこなしたいとお考えのあなたにぜひ読んでいただきたいと思います。

インターネットバンキングに申込んでいるか?

MFクラウド会計を便利に使うためには、主要な預金口座をインターネットバンキングに申し込んでいることが必須です。

インターネットバンキングに申し込んでいる口座については、MFクラウド会計が預金データを自動取得し、仕訳候補を提案してくれるという優れた機能があります。

これまでの会計ソフトで帳簿を付けるのに最も時間を要していたのは、「預金通帳から仕訳を入力する作業」と言われています。この作業が大幅に減ることが、MFクラウド会計を用いた事務作業効率化の一番のポイントと言われています。

インターネットバンキングへの申込みなくしては帳簿作成の効率化は図れない、と言えるぐらいの前提条件となります。

また、ほとんど使っていないような口座については、インターネットバンキングに申込むと費用対効果が悪いので、他の口座に取引を集約して全く使わないようにするか、可能であれば解約してしまう方が管理面でも効率的です。

なお、法人のMFクラウド会計に適したインターネットバンキングについては、以下の記事が参考になります。

参考記事:クラウド会計におすすめのインターネットバンキングの選び方〜法人口座編〜

会社又は事業用のクレジットカードを作っているか?

MFクラウド会計は、世の中の大半のクレジットカード会社(信販会社)と連携しており、預金口座と同様に、クレジットカードの利用データを自動取得し、仕訳候補を提案してくれます。

世の中のかなりのものがクレジットカードで購入できるため、クレジットカードをうまく利用することで、経理の手間がかなり減ります。

つまり、事業用の専用のクレジットカードを作り、例えば取引先との飲食代や物品購入の決済を可能な限りそのカードに集約するだけで、MFクラウド会計が自動でデータを取得して、飲食代は「接待交際費」、○○での物品購入は「備品消耗品費」と仕訳を提案してくれるようになります。

なお、1つのクレジットカードで、事業用の経費と私用の経費をともに使っている場合には、MFクラウド会計でデータを読み込んだ後に選別作業が発生してしまうので、私用な経費を混ぜないように使う方がお勧めです。

なお、MFクラウド会計にクレジットカードを登録する際の注意点は、以下の記事が参考になります。

参考記事:【MFクラウド会計の使い方】クレジットカードの仕訳を登録する

電子マネーで現金取引を減らしているか?

MFクラウド会計は、非常に多くの電子マネーとも連携しています。

つまり、これまで現金で買っていたものを電子マネーで買うように変えるだけで、預金口座やクレジットカードと同様に、あとはMFクラウド会計が電子マネーの取引データをダウンロードしてきて、仕訳の候補を自動で提案してくれます。

これまで付けていた現金出納帳も作成する必要もありませんし、レシートを見ながら金額を入力して、その入力をチェックするなどの作業も不要となります。電子マネーを使うだけで、これまでレシート見ながら行っていた面倒な入力作業の省力化が圧倒的に進みます。

例えば、コンビニやスーパーなどで現金を使って購入していた場合には、電子マネーに切り替えることで現金取引を減らせないかを考えてみてください。

また、前払い方式の電子マネー(Edyやnanacoなど)は事前にチャージすることが必要ですが、クレジットカードからチャージする方が簡単ですし、そもそものチャージするための現金も不要という観点からお勧めです。

MFクラウド会計は、銀行口座やクレジットカードなどと連携させると、便利さ100倍のツールです。
ぜひ、いろいろなサービスと連携させて、もっともっとMFクラウド会計を使いこなしてみてください。

なお、楽天Edyのポイントについては、以下の記事が参考となります。

参考記事:MFクラウド会計を使うなら、楽天edyカード活用がおすすめ!

勘定科目がきちんと設定できているか?

MFクラウド会計は、申し込んだだけでは使えません。当然ですが、様々な初期設定をしていかないと会計ソフトとして機能しません。

重要な初期設定のひとつとして勘定科目の設定があります。

勘定科目の設定というのは会社の経理の根幹になる重要な作業なんですが、ここを十分に注力しないで初期設定のまま使っていたり、自社の事業形態とあっていない設定をしていることで、MFクラウド会計を十分に使いこなせていないケースがよくあります。

特に、これまで使っていた会計ソフトからそのまま勘定科目を移してきたという事例もよくみますが、弥生会計などの従来の会計ソフトとMFクラウド会計とは会計ソフトとしての根本的な設計が異なるため、MFクラウド会計を導入するタイミングで自社の勘定科目の体系を見直すことがMFクラウド会計を使いこなすためのポイントとなります。

MFクラウド会計をうまく使うための勘定科目の設定については、以下の記事が参考となります。

参考記事:【MFクラウド会計の使い方】勘定科目の設定と留意点(貸借対照表−流動資産)

参考記事:【MFクラウド会計の使い方】勘定科目の設定と留意点(貸借対照表−固定資産)

参考記事:【MFクラウド会計の使い方】勘定科目の設定と留意点(貸借対照表−負債・純資産)

参考記事:【MFクラウド会計の使い方】勘定科目の設定と留意点(損益計算書)