便利なはずのMFクラウド会計が使いこなせていない理由

最近テレビCMも流れているMFクラウド会計ですが、まだまだ導入に踏み切れていない方が多いと感じます。
使ってみればこんなに便利なのに・・・。

今回は、なぜMFクラウド会計の導入を踏みとどまってしまうのか、私たちが出会ったユーザー様でMFクラウド会計の導入を躊躇していたケースをあげてみたいと思います。

MFクラウド会計の初期設定がうまくできない

MFクラウド会計を使えば、銀行口座との連携や自動仕訳などの便利な機能を使って経理処理が圧倒的に楽になります。

でも、これはきっちりとMFクラウド会計の初期設定ができていることが前提となります。

私たちは、多くのMFクラウド会計のユーザー様に使い方の相談を受けてきましたが、よくあるMFクラウド会計の不満として

  • 前の会計ソフトからのデータの移行がうまくできない
  • 銀行口座と連携した後の使い方がわからない
  • 自動仕訳が使えない

などという話を聞きます。

これらの話は、基本的にMFクラウド会計の初期設定で失敗しているケースがほとんどです。

MFクラウド会計の性能を100%引き出すためには、経理の経験とノウハウが必要になるのですが、ここをあまり意識せずに使い始めたことによって、うまくMFクラウド会計を使いこなせていないことが多いです。

MFクラウド会計を導入したけど、思ったように便利にならないという方は、もう一度初期設定を見直してみることをおすすめします。

経理のやり方をなかなか変えられない

事務担当者がいらっしゃる場合、経理や給与計算などのバックオフィス業務はどうしても「その人にしかできない」という属人的な状況になりがちです。

そうなると、どうしてもその人にしかわからないことがどんどん増えていきます。

また、事務担当者も人間です。長くなればなるほど今までの仕事のやり方をできれば変えたくないという思いが強くなります。

そのような中で、社長の一存でMFクラウド会計を導入してもうまくいきません。

MFクラウド会計は、金融機関の口座や他のクラウドサービスと連携して、業務を効率的に行えるように設計されていますので、これまでの経理のやり方を変えていかないとうまく機能しません。

それどころか、これまでの会計ソフトと同じような使い方をすると、かえって非効率になることもあるのです。

事務担当者がMFクラウド会計のことをいいように言わない・・・ということであれば、バックオフィス業務全体の見直しが必要なのかもしれません。

一時的に手間と時間はかかりますが、その後のMFクラウド会計による生産性向上の効果を考えると、手間と時間という投資は十分に回収できますから。

ERPの発想に慣れていない

ERPとは、「Enterprise Resource Planning」の略です。

大企業では、2000年代に入って普及が進んでいる販売や生産・会計などのシステムが統合された業務システムのことです。

例えば、大企業では受注データから請求書が発行されたり、給与計算が完了したらそのデータが会計ソフトへ流れて、自動で仕訳が生成されたりします。

今まではこのようなシステムを構築しようとするとものすごいソフト構築料がかかり、運用保守も相当な金額にのぼりました。

大企業においては、多額の資金を投入してERPシステムの開発を進めていたのですが、スモールビジネスや中小企業ではなかなか手の届かない存在でした。

それが、MFクラウド会計をはじめとするスモールビジネスや中小企業でも導入可能な安価でシンプルなクラウドシステムが登場してからは、状況が変わっています。

これまでは会計ソフトは会計ソフト単独で購入して使用、請求書発行はまた別のソフトを使用、給与計算ソフトはまた別のソフトを、、、といったようにそれぞれの業務ごとに別々に購入していました。

それが、MFクラウド会計とMFクラウド請求書とMFクラウド給与を使えば、スモールビジネス版のERPシステムを簡単にお金をかけずに構築することができるのです。

MFクラウドではバリューパックというサービスがあり、以下のサービスを全て利用できるプランが設定されています。

MFクラウド バリューパック

  • 『MFクラウド会計』
  • 『MFクラウド確定申告』
  • 『MFクラウド請求書』
  • 『MFクラウド給与』
  • 『MFクラウドマイナンバー』
  • 『MFクラウド経費』

料 金:従業員数 5人以下 月額3,900円(税抜)
        6〜10人 月額9,800円(税抜)
        11人以降 月額800円追加/人(税抜)

バリューパックはかなりお買い得ですね。今までの会計ソフトや給与計算ソフトの会社さんからすると、とても太刀打ちできない価格感です。

MFクラウド会計を中心に、MFクラウド給与やMFクラウド請求書がつながって、業務の手間が一気に楽になります。

本当にすごい時代になりました。バックオフィス業務がこれだけ安価で効率的になると、起業へのハードルも年々下がっていってると感じます。

MFクラウド導入のやり方を教えてくれる人がいない

MFクラウド会計を無料登録してみたはいいけれど、具体的にどうすればいいのかわからない、正解がどうなのかわからない、効率化できているのかわからない、という方がたくさんいらっしゃいます。

社内でなんとかして使おうとMFクラウド会計をいじってみたけど、結局よくわからないので放置しているという悲しい現実・・・。

中小企業にとって、そういった時に最も頼りになるのが顧問税理士です。

まずはMFクラウド会計の使い方を顧問税理士に確認してみましょう。

MFクラウド会計、なにそれ?という反応の税理士では・・・ですが、おそらく相談に乗ってもらえることと思います。