格安といわれる税理士を選ぶリスクとその回避方法をまとめてみた

世の中には、たくさんの税理士がいます。その中でも、「格安」という料金を大きく値下げした税理士事務所が最近増えてきました。

税理士といえば、税金の専門家ですが、料金に対してどのようなサービスを提供してくれるか、わかりにくいですね。とはいえ、料金が安いのは魅力です。

今回は、「格安」という税理士事務所を選ぶときのリスクとメリットをまとめてみました。

そもそも税理士は何をしてくれるの?

まず、税理士とは、どのような人なのでしょうか?

税理士とは、税理士法という法律で決められた税金の専門家です。ちなみに、税理士法第1条には、次のように書かれています。

税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそつて、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする。

でも、これではよくわかりませんね。

簡単にいうと、法人税法とか所得税法といった税金が定められた法律で決められた税金のルールにしたがって、税金計算をサポートしてくれる税金の専門家です。

でも、実際には、税金を超えて色々な経営のサポートをしてくれる個人事業や中小企業の経営の裏方サポートのような役割です。

帳簿のチェック

まず代表的な税理士の仕事としては、帳簿のチェックです。

個人事業主や中小企業が作成した帳簿が会計や税金のルールにしたがって作成されているかをチェックする仕事です。

もし、チェックの結果、誤っていたら、修正の連絡をしてくれたり、税理士さん自身が帳簿を修正してくれることもあります。

決算・確定申告

個人事業であっても、会社であっても1年が終われば税金を申告するための経理上のまとめ作業を行います。

これを個人事業は確定申告、会社は決算・税務申告といいます。

この決算・確定申告の作業は、事業の規模や複雑さにもよりますが、簿記や税金の知識が必要であったり、作業が面倒であったりするため、税理士さんがやってくれることが多いです。

記帳代行

本来、帳簿は個人事業主や中小企業がつけるものですが、税理士さんが代わりに帳簿をつけてくれるという業務があります。

これを記帳代行と言います。

記帳代行は、帳簿をつける(=会計仕訳を入力する)という簿記の知識が必要で面倒な部分を税理士さんが代わりにやってくれるというものです。

税務コンサルティング

節税などの税金に関するいろいろな提案をしてくれることを税務コンサルティングと言います。

事業から利益が出ると、税金の支払いが増えますが、そうなる前に節税するための提案をしてくれます。

事業の立ち上げ間もない時などはあまり必要ないかもしれないですが、事業が軌道に乗ってきたら税金はバカにならないため、節税提案がありがたく感じるものです。

格安の税理士さんはどこまでやってくれる?

さて、それでは格安と言われている税理士さんはどこまでやってくれるのか?という点について書いてみます。

もし、格安の税理士さんを検討されている場合は、以下の点について確認されるといいかと思います。

帳簿のチェック

まず帳簿のチェックですが、格安の税理士さんはこのあたりを十分にやってもらえない可能性があります。

特に月数千円の料金であれば、あまり多くは望めないと思われます。

また、チェックもタイムリーに行ってくれない可能性があります。

数ヶ月に1回まとめてチェックするというケースや、場合によっては、1年分をまとめてチェックするという会計事務所もあると思います。

となると、チェックが終わるまでかなりの時間がかかる可能性があるため、毎月の試算表という損益などの会計データの確定が遅くなってしまうこともあります。

決算・確定申告

次に、決算・確定申告です。

決算・確定申告は、税理士さんの腕の見せ所でもあり、格安の税理士さんであったとしてもここで手を抜くことはあまりないと思います。

ただ、実際の作業は税理士資格を持っていない事務所の事務員さんが行うことが多いので、複雑な決算などはなかなか難しいこともあります。

また、税理士さんによっては、格安であれば「税理士の押印」をしてくれないこともあります。

通常、税理士さんは、確定申告書や税務申告書に「税理士印」を押印して、自分が関与した申告書であることの責任を表明します。しかし、格安の税理士さんの場合は、この押印をしない税理士さんもいらっしゃいます。

確定申告書や税務申告書は、個人事業主や会社経営者が自分自身で作成することもできるため、税理士さんの押印は必要ありませんが、確定申告書や税務申告書に税理士さんの押印が必要な場合は、事前に税理士さんに確認した方がいいと思われます。

記帳代行

次に、記帳代行ですが、こちらはオプションのサービスになっていることがよくあります。

例えば、1仕訳いくらというような料金設定されていることが一般的です。

こちらも格安サービスであれば、タイムリーな記帳はなかなか難しい可能性が高いです。

場合によっては、中国や東南アジアに資料を送って海外で記帳しているような会計事務所もありますので、格安の税理士事務所では、どうしても記帳に時間がかかってしまいがちです。

事業を立ち上げてばかりでお金に余裕がない場合や、利益が出すぎて税金をたくさん払わなければならないかもしれない状況が想定される場合は、タイムリーに試算表を見れないのはかなり大きなマイナスとなります。

気づいたら、銀行残高がほとんどなかった、とか、決算してみたら、多額の税金を支払わなければならなかったということがないように、ここのリスクはしっかりと認識しておいた方が無難です。

税理士さんへのコストを格安にしながら、リスクを回避する方法

このように、格安の税理士さんを選択することは、コストを抑えられるというメリットはありますが、もしかすると経営リスクにつながるようなデメリットが潜んでいる可能性もあります。

このリスクを回避できるように、事前にしっかりと税理士さんに確認しておくことが重要です。

でも、リスクを回避しようとすると、税理士さんに月額数万円を支払ってちゃんと会計をみてもらわないといけないのでしょうか?

もう一度先ほどのポイントを振り返ってみながら、税理士コストを格安にする方法を考えてみましょう。

帳簿のチェック

まず帳簿のチェックですが、ここは本当に毎月きっちりチェックしてもらわないとマズいのかという点について、考えてみます。

ある程度大きな会社、例えば従業員が10名以上いたり、年間売上が数億円以上というような会社であれば、税理士さんに毎月ちゃんとチェックしてもらった方がいいと思います。なぜなら、大きな会社であれば、取引が複雑ですし、ミスが大きな金額の損失につながりかねないからです。

しかし、起業・開業したばかりの会社や個人事業主、小さな事業している会社などは、取引がシンプルですし、毎月同じような会計仕訳の繰り返しということが多いです。このような場合であれば、それほど毎月のチェックをきっちりしなくても問題ないという経理のやり方が存在します。

それが、クラウド会計を使った経理です。

クラウド会計を使えば、次のような機能を利用することができます。

  • 銀行口座やクレジットカードと連携して、お金のデータをクラウド会計にボタン一つで取り込むことができる
  • 取り込んだデータをもとに、クラウド会計の人工知能が会計仕訳を覚えることができる
  • 会計データがインターネット上にあるため、簡単に会計事務所とデータを共有することができる

クラウド会計にはこんな特徴があり、はじめに会計特有の勘定科目や仕訳などを正確に登録・設定しておくと、あとは半自動で経理処理していくことができるようになります。

スモールビジネスがクラウド会計を使いこなすことで、帳簿のチェックの重要性は相対的に下げることができるケースがあります。

なお、クラウド会計でNo.1といわれているMFクラウド会計を使えば、例えば、このようなことができるようになります。

参考記事:【MFクラウド会計の使い方】経理を自動化するための設定方法と手順

参考記事:【MFクラウド会計の使い方】アマゾンの購入データで自動経理する方法

参考記事:MFクラウド会計で給料計算の結果をうまく経理処理する方法

決算・確定申告

決算・確定申告のポイントは税理士さんの押印でした。

そもそも、通常の事業を行い、税務申告する場合は、税理士さんの押印は不要です。

それでは、どのような場合に確定申告書や税務申告書に税理士さんの押印が必要かというと、銀行から借入をするような場合です。銀行に借入を申し込むときに確定申告書や税務申告書に税理士さんの押印があれば、銀行担当者は融資の審査を進めやすくなります。

したがって、銀行借入をするような場合には、税務申告書に押印があった方がベターです。

 

記帳代行

記帳も、先ほどのクラウド会計を使いこなせば、手間をかけなくても自分たちでできるようになります。

これまでは、請求書やクレジットカードの明細を会計ソフトのひとつずつ入力しないといけなかったので、手間も時間も簿記の知識も必要でしたが、クラウド会計のデータ連携と自動仕訳をうまく使いこなせば、1ヶ月のデータの多くが自動でクラウド会計に仕訳までできるようになります。

慣れるまでは大変かもしれないですが、慣れたら記帳代行を税理士さんにお願いする必要がなくなるケースが多くあります。

また、自分でクラウド会計を使って記帳をすることの大きなメリットがスピード感です。

先ほども書きましたが、試算表や会計データをタイムリーに見れることは、経営上の大きなメリットです。いつも会計データを見れることによる安心感は大きなものです。

ですので、経営管理のことを考えると、記帳代行は利用すべきではないと断言できます。

スモールビジネスの税理士の選び方は必要なサポートをしてくれるかどうか

以上のように、ある程度大きな会社であれば、月数万円のコストを支払ってでも税務顧問として、税理士さんのお世話になった方がいいと思います。

ただし、事業規模の小さい個人事業主や中小企業であれば、税理士さんの選び方として「格安の税理士さんに丸投げする」ということは大きなリスクを背負うことになります。

でも、税理士コストを下げたいというのであれば、

クラウド会計をきっちりとサポートしてくれて、記帳や決算を徹底的にサポートしてくれる会計事務所

を選択すべきです。

ここの選択をミスしたら、業績が思わしくないときに経営が不安定になってしまいます。

コストを削減するために格安の税理士さんを選んで、大きな経営リスクを背負わないように注意してください。

なお、当社では、クラウド会計をはじめ、給与計算や勤怠管理、iPadレジなどたくさんのクラウドツールの使い方から、経理・労務を徹底サポートして、月額4,980円からご利用いただけるクラウド会計事務所「クラウドサポート」を提供しています。

スモールビジネスを経営されている方で、税理士コストを抑えたいという方にぴったりのサービスですので、こちらも選択肢のひとつに入れてみてください。