kintoneで事務所の案件管理アプリをサクッと作る〜使用編〜

kintoneで作った案件管理アプリ

まずは、kintoneで作った案件管理アプリを振り返ってみたいと思います。

入力フォーム

まずは、案件情報を登録する入力フォームです。

顧客情報として、会社名、部署名、先方担当者、所在地、TEL、FAX、メールアドレスを登録できるようになっています。

また、案件情報として、案件担当者名、提供サービス、契約開始日を登録でき、その下に日々の活動履歴を入力できるようになっています。

案件一覧

次に、入力した情報を一覧で表示する案件一覧です。

一覧表に表示されるのは、会社名と案件担当者、提供サービス、契約開始日となっています。

案件管理アプリを使ってみる

それでは、作った案件管理アプリを使ってみます。

案件情報を入力する

案件情報を入力フォームに入力してみます。案件管理アプリの画面の「+」ボタンをクリックすると、入力フォームが開きます。

まずは、顧客情報から入力していきます。

会社名、部署名、先方担当者、所在地、TEL、FAX、メールアドレスを入力します。

次に、案件情報です。

まず、案件担当者名と提供サービスは、プルダウンの選択ボックスを入力フォームに設置しておいたので、該当するものを選択していきます。なお、案件担当者には、kintoneに登録した社内のユーザーが表示されます。

また、契約開始日は契約書で契約日を確認して、カレンダーから選択します。

最後に、活動履歴を登録します。

まずは、活動日を登録し、活動内容をプルダウンから選択します。

活動内容は、入力フォーム作成時にどのような項目をプルダウンで表示させるかを登録することができます。

また、活動履歴で便利な機能として、添付ファイルがあります。

こちらは、打ち合わせなどで使った資料などを最大1GBまでアップロードして保存することができます。

こちらで、ちょっとした資料であれば、保存したり、チーム内で共有したりすることができます。

この機能は便利ですね。

案件情報を見る

次に、入力した案件情報を見てみましょう。

まずは、案件一覧からです。

案件一覧には、登録した案件情報が表形式で表示されます。

案件の内容を確認したい場合には、案件一覧の一番左に表示されている青色のマークをクリックします。

そうすると、案件情報の詳細が表示されます。

活動履歴は、案件一覧には表示されないため、この詳細画面で確認する必要があります。

また、案件情報を編集したい場合は、画面右上のエンピツマークをクリックします。

まとめ

案件情報をkintoneで管理することで、これまでエクセルで管理していたものがクラウドで管理できるようになります。

エクセルで表を作ったり、式を組んだりという手間が省けるとともに、メンバーをユーザー登録しておけば、簡単に情報共有することができます。

アプリも簡単に作れますので、是非一度お試しください。