kintoneで事務所の案件管理アプリをサクッと作る〜一覧リスト編〜

前回までに、kintoneの無料トライアル登録と案件管理アプリの初期作成から入力フォームの設定まで終わらせました。

【参考記事】事務所の業務管理システムを簡単に作成できるkintoneを使ってみた

【参考記事】kintoneで事務所の案件管理アプリをサクッと作る〜入力フォーム編〜

今回は、前回の続きで、kintoneで作った案件管理アプリで入力した内容を一覧表で見るためのリスト作成をやってみたいと思います。

kintoneで案件管理アプリの一覧リストを作成

それでは、前回の続きからやっていきましょう。

前回は、会計事務所が案件管理を行うための入力フォームを作りました。

まず、どのような情報を管理して、入力しやすく登録できるフォームを作ることが重要なので、もう一度前回の入力フォームがきちんとできているかを確認してください。

確認が終われば一覧リストを作っていきましょう。

今回作ろうとしている一覧リストは、入力した情報を一覧で見ることができる画面です。

一覧リストをうまく作ることができたら、登録したデータの全体を見ることができるようになって、案件管理アプリの使い勝手が良くなりますので、是非ともカスタマイズしてみてください。

まずは、kintoneのポータル画面から案件管理アプリをクリックして、案件管理アプリに入ってください。

そして、案件管理アプリの画面にある歯車ボタンをクリックします。

そうすると、案件管理アプリの管理画面に移りますので、4つあるタブのうち、「一覧」タブをクリックします。

この「一覧」タブ画面で一覧表のカスタマイズをしていきます。「作成済みの一覧」-「案件一覧」の画面右にあるエンピツマークをクリックしてください。

そうすると、このような一覧表を編集する画面が開きます。

まず、画面の一番左にあるエリアは、現状の案件管理アプリに登録することができるデータとなっています。

ここから、右のエリアにドラッグ&ドロップで持って行った項目が一覧表に表示できる項目になります。

例えば、上記画面の中でグレーアウトされている項目(「会社名」と「先方担当者」)は、すでに右側のエリアに持って行った項目であるため、現状の一覧表には、会社名と先方担当者だけが表示されたリストが出来上がります。

今回は、以下のような一覧リストを作ってみたいと思います。

会社名案件担当者提供サービス契約開始日
    
    
    
    

それでは、早速カスタマイズしてみましょう。

不要な項目を削除

まずは、不要な項目を削除します。

今回は、作成する一覧リストに「先方担当者」は不要となるため、この項目を削除します。

編集画面で削除したい項目(今回は「先方担当者」)にカーソルを合わせると、「削除」というボタンが表示されますので、これをクリックすれば削除することができます。

一覧表示したい項目を追加

次に、一覧リストに表示したい項目を追加していきます。

これも簡単です。左の項目から追加したい項目をドラッグ&ドロップで右のエリアに持っていくだけでOKです。

留意点

一覧表にはドラッグ&ドロップで簡単に追加、削除することができるのですが、できないこともあります。

例えば、入力フォームで作成した活動履歴は、kintoneでテーブルと呼ばれるフォームに埋め込まれた表となり、これは、一覧表にそのまま表示することができません。そのため、活動履歴をみたい場合は、一覧リストの左端にあるボタンをクリックし、詳細画面から確認する必要があります。

これはkintoneの不便な点でもあります。

まとめ

これで、一覧リストが完成しました。

一覧表の作成も簡単にできました。

使い方によると思いますが、エクセルで管理できているものであれば、kintoneに簡単に載せ換えることは可能ではないかと思います。

無料トライアルで気軽に試して見ることもできますので、是非一度触ってみてはいかがでしょうか?

次回は、今回作ったkintoneの案件管理アプリを実際に使ってみたいと思います。