「JDL IBEX 出納帳net」から「MFクラウド会計」への仕訳データ移行時の注意点

先日、「JDL IBEX 出納帳net」から「MFクラウド会計」への仕訳データ移行をしました。

この時にいろいろと調べたので、その内容を公開します。

今後、「JDL IBEX 出納帳net」から「MFクラウド会計」への仕訳データ移行を移行される方に少しでも役立てばと思い、実際の移行作業で手間取った事項をまとめました。

JDLのCSV仕訳データ出力はオプション!?

ユーザー様からのご依頼で、事業年度の途中で「JDL IBEX 出納帳net」(以下、JDL)から「MFクラウド会計」へのデータ移行を行うこととなりました。

まずはJDLで試算表が作成されている直近月までのデータを出力してもらおうと、「仕訳データ」をCSV又はExcel形式で欲しいとユーザー様にお伝えしました。

しかし、そのユーザー様から連絡があり、「いろいろとJDLの画面を見てるんだけど、できないようです」との返答が・・・。

実はJDLでは、CSVファイル形式での仕訳データの出力は有料オプションを申し込まなければならず、ユーザー様が申し込んでいなかったためにCSVファイルへの出力ができなかったのです。

調べてみると、仕訳帳データをCSVファイルで出力するためのオプション料金は、年額1,440円(税込)と決して高くはないです。

ただ、CSVで出力するためには、別途ソフトウェアのダウンロードが必要であったり、ソフトウェアをダウンロードするためのIDとパスワードをユーザー様が忘れている場合があるなど、結構手間取りました。

思ったよりも時間がかかってしまったのでJDLからMFクラウド会計へのデータ移行をされる際には、ご留意ください。

なお、オプション料金の1,440円は、月割料金では使えず、1度しか使わなくても年額での料金がかかってしまう点も注意です。

MFクラウド会計にJDLデータが取り込めない!?

JDLの仕訳帳データがCSVファイルで手に入ったので、次に、MFクラウド会計にインポートをしようと試みました。

MFクラウド会計では様々なソフトからのインポートに対応しており、平成29年3月時点では以下のソフトが対応しています。

もちろん、今回の移行対象のJDLも含まれています。

MFクラウド会計がインポート対応している会計ソフト

  • 弥生会計
  • 会計王
  • 勘定奉行
  • やるぞ!青色申告
  • freee
  • JDL
  • PCA
  • 財務応援
  • ミロク
  • A-SaaS
  • CASH RADRA
  • TKC

そこで、MFクラウド会計から、やっと入手できたJDLのCVSファイルをインポートしようとしましたが、何度やってもうまく読み込んでくれません・・・

最終的にはマネーフォワードのサポート窓口に質問していると、作業日現在でMFクラウド会計にインポート可能なのは、「JDL IBEX 会計」の形式とのことでした。

ということで、今後は「JDL IBEX 出納帳」から、MFクラウド会計のインポート用フォーマットに乗せ換えを行うという作業が発生しました。

なんとかMFクラウド会計のインポート用フォーマットに乗せ換えを行い、再度インポートするとい、無事にJDLと同じ試算表が作成できました。

最初から知っていれば、大した作業にはなりませんでしたが、初回は試行錯誤のために時間がかかってしまいました。

(注)平成29年3月時点において、「JDL IBEX 出納帳」からMFクラウド会計へのデータ移行が可能となりました。

いざ会計ソフトを変更する際には、やはり細かい問題点が出てきますので、今後も気づいた事項を記事にしていきたいと思います。

もっともっとMFクラウド会計を使いこなして、経理をラクにしてみましょう。