クラウドサポートforオフィスで

経理や労務にかかった時間やお金を削りましょう

無料の個別相談会を開催中

 経理や労務管理をグッとラクにするクラウドサポートについての個別相談会をご案内します

詳しく知る

クラウドサポートforオフィスとは?

サポート1

銀行口座やクレジットカード、電子マネーをMFクラウド会計とつないで、自動仕訳で経理処理できるようにサポートします。 バラバラになっていたお金の流れをひとつにまとめ、パソコンやスマホでいつでもキャッシュフローを把握できる仕組みをサポートします。

サポート2

経理・給与の面倒な作業を自動化するMFクラウド会計・給与や社会保険の手続きなどを簡単にできるSmartHRなど、厳選したクラウドツールの導入・運用を徹底的にサポートします。 これさえあれば、経理・労務管理を社内で簡単に効率化することができます。

サポート3

経理や労務について、日ごろのちょっとした疑問をサポートします。 よくある経理処理や労務の手続きの流れ、クラウドツールの具体的な使い方など一般的なバックオフィスの疑問をすぐに解決することができます。

 

クラウドサポートforオフィスで何が変わる?

世の中にたくさんあるクラウドツールの中から、あなたにベストの組み合わせをセレクトし、コツと専門知識が必要で面倒な初期設定や使いはじめのオペレーションを徹底的にサポートします。

また、使いこなせるようになってからも、経理や労務などのちょっとした疑問を質問できるサポートデスク体制を整えていますので、事務仕事で悩んだり調べたりすることで浪費していたムダな時間がなくなります。

 

 

 

今ならIT導入補助金で最大100万円をゲット!

クラウドツールをセットで導入し、要件を満たせば、導入費用と初年度のランニング費用の合計が最大で100万円(システム導入費用の3分の2)の補助金が受けられるIT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)がご利用いただけます。

例えば、

  • クラウド会計 + クラウド給与 + クラウド請求書

のような組み合わせがあります。

なお、国の補助金であるため、予算額に達すると終了となります。

お申し込みはお早めに!

 

詳しく知る

 


 

ご利用者の声

株式会社クレフ様

代表取締役 森田大輔様

経理担当 増井久実様

導入したクラウドツール

MFクラウド会計、MFクラウド給与、MFクラウド経費

 

クラウドサポートで事務の時間が大幅に減少

今までは顧問税理士さんに会計ソフトへの入力をお願いしていました。

その結果、毎月の試算表完成に数か月を要しており、タイムリーな業績把握が難しく、経理担当者のスキルアップも難しい状況でした。

経営者としては、やはり業績把握のスピードは重要で、手間をかけずに経理のスピードを上げていきたいと考えていました。

また、今までは給与計算を外注していましたが、いろいろな事務の無駄を感じており、これを一気に解決できるものとしてクラウドサービスに目を付けました。

結果として、大正解でした。

MFクラウド会計を導入することで、これまでの無駄な経理資料は作成が不要になり、また、MFクラウド給与を連携させることで、事務の時間を一気に減らすことができました。

また、MFクラウド経費も併せて導入したことで、経費精算もラクになり、事務の効率化を体感しています。

 

 

クラウド会計導入後は会社の数字がよく見えるようになった

MFクラウド会計の導入後は試算表出力が翌月になりました。今後はさらに操作を習熟し、翌月10日に試算表を完成させることを目指したいと考えています。

クラウドなので経営者が出先で細かい数字の確認をできるのもいいですね。試算表を見ながら費用が多いものがあったりすれば、そのまま明細までチェックできます。

また、経営幹部にもアカウントを作り、試算表を共有するようにしています。

経理担当者の経理業務にかける時間も月20時間は減らすことができたと思います。

 

MFクラウド給与やMFクラウド経費も連携させた

MFクラウド給与の導入に伴い、給与計算も社内で行うことにしました。

MFクラウド給与は社会保険料率や源泉徴収税額などを自動計算してくれるので大きな問題もなく社内で給与計算できるようになりました。経理担当者が給与計算のスキルを身につけることができたことも大きかったですね。

また、MFクラウド給与はクラウド上でデータを保持するため、給与担当者が休みの場合でも、給与データが必要な場合に他の者が対応できるのはありがたいです。この前、助成金申請に給与データが必要になったのですが、給与担当者が休みでも別のものがすぐに対応できて、無事助成金申請を行うことができました。

MFクラウド経費も導入してよかったと思います。

今まで経費精算は現金でその都度行っていました。経費精算申請する人の申請手続きも面倒ですし、経理担当者の現金管理も面倒、経営サイドとしても従業員ごとの経費の金額感を把握しづらい状況でした。

MFクラウド経費を導入し、領収書の写真データを添付して申請してもらうルールに変えました。経費申請者の集計の手間が大きく省けますし、経理担当者は試算表で不明な点があれば領収書データの確認ですぐに内容も把握できるようになり、全体として業務効率化が図れました。

 

今後もさらにクラウドを活用していきたい

今までは経理担当者が経理業務で手一杯になっており、社内業務の効率化など他のやるべき業務に手をつけられていませんでした。今後は削減できた時間で更なる社内業務の効率化や分析業務を進めていきたいと思います。

また、MFクラウド会計で経営幹部に試算表を共有し始めたので、経営幹部向けの試算表の見方・分析を学び、会社として次のステージに進んでいきたいと思います。

個別相談会を予約