経理が持っている本当のチカラ

経理に対する誤解?

経理について、次のような感覚をお持ちではないですか?

  • 細かい事務作業が多くて、面倒くさい
  • 経理をきっちりやっても1円の利益にもならない
  • 簿記や経理の知識がないので、よくわからない

中小企業の経営者からみた経理のイメージってこんな感じなのかな、と思うことがあります。

 

毎日忙しい中で「面倒くさい」「利益にならない」「よくわからない」から経理が後回しになり、会計事務所に全部任せておこう、という経営者が結構いらっしゃるように思います。

 

経理はなぜ必要だと思いますか?

  • 決算して税務署に申告書を出すため?
  • 毎月、試算表をもらうため?
  • 請求書や伝票を整理するため?

経理の本当の実力はこんなもんじゃないです。

 

今回は、経理の本当のチカラを知って頂き、経理への関心を高めて頂けると幸いです。

 

本当に経理は利益にならないのか?

ここで、話は変わりますが、飛行機のパイロットになったと想像してみてください。

 

コックピットに乗り込んだら、いろいろなメーターや警告灯などの計器があります。

この計器のおかげで、

  • 今どのくらいの高度を飛んでいるのか?
  • 燃料は残りどれくらいあるのか?
  • 現在地はどこなのか?

がわかります。

 

ただ「飛ぶ」だけなら、計器がなくても飛べるかもしれません。

計器がなくても、「早く」飛ぶだけならできるでしょう。

しかし、目的地に時間どおりに安全に到着するには計器なしでは難しいでしょう。

また、何かトラブルや不測の事態になったとき、計器が壊れていたら安全な飛行は困難になると思います。

 

もし、飛行機を購入するとしたら(あまり想像できないかもしれないですが、、、)、どちらを買いますか?(値段は仮定です)

 

A:正確で知りたい情報が表示される計器がついた飛行機 1億円

B:限られた情報が1分遅れで表示される飛行機 7千万円

 

私なら高くても間違いなくAを買います。Bの飛行機でまともに飛ばせる自信がありません(笑)。

 

経営における経理は、飛行機における計器と同じものです。

 

利益を出すために経理はいらない、という発想で安易に経理を丸投げする形で外注したり、事務スタッフにまかせっきりにしておくと、

  • 売上や利益などの重要な情報がすぐにつかめない
  • おカネの流れが見えず、今月、来月の入金や支払さえわからなくなる
  • 目標達成のために、どれくらい売上が必要、どれくらいコストを抑える必要があるのかわからなくなる

となってしまい、計器なしで飛行を続けるのと同じような状態で経営することになってしまいます。

 

売上には直結しないため、軽視されがちな経理ですが、何があっても墜落しない経営をしていくためには、目立たないけど非常に重要な計器となるのです。